MENU

夢創の里の「食」の紹介

高齢化、過疎化の進む宇陀市室生大野地区では 集落が分散しているため市場としてはコストがかかりすぎ、企業配食の区域外となり配達が不可能で、食事の不自由を感じるお年寄りが増えてきています こういう社会的課題を解決するために 栄養の偏らない、安全安心な温かな食事を提供したいという想いで、コミュニケーションをとりながら安否確認を兼ねた配食サービスを週2回実施しています。

 

さらに、この事業の目的は地域にすむ若い子育て世代の女性の時間を活用した雇用の場の提供を目標とし、安定した雇用の創造のため配食の食材を活かした夢創の里レストランを週2回一般の方へランチとして提供しています。 軌道に乗った際には配食サービスとレストランを毎日行いたいと思います。 また、これらを配食サービスやランチの技術を活かしにさらなる女性雇用の収入源として、お弁当・会席膳・オードブルなどをご注文いただくことで実現できます。 さまざまな地域の行事ごとなどでご活用いただくことをお願いしたいと考えます。